プロミス審査

プロミスの審査 「どうすればいいの?」

急いでいる方でもカンタン!

<3秒診断>で借入可能か、スグわかる。

 

今日中にお金が必要で急いでいる方、初めてで何をすればいいかわからない方、今このページを見てくれてる皆さん、“審査”ってやっぱり不安に感じますよね。

 

そんな時は、まず、プロミス公式サイトにある<3秒診断>をしてみましょう。
入力項目は、生年月日・年収・他社の借入金額。たった3つだけ!
審査に通るかどうかの見通しを確認することが出来るんです。

 

即日融資が可能(※1)・30日間の無利息サービス(※2)・借入までの速さ
がオススメの理由。もちろん大手キャッシング会社なので安心して利用できます。

 

 

※1 平日14時までにWEB契約完了で当日振込
※2 要プロミスポイントサービス申込み

 

 

 

すぐに結果がわかる!プロミス公式サイト<3秒診断>へ GO!

プロミスは、三井住友銀行系のキャッシング会社になります。プロミスには、30日間無利息サービスがあるなど、利用者にとってメリットが大きいことから、「ローンカードを作りたい!」と考える人が多くなります。ここでは、プロミスの審査通過に必要な3つのポイントについてご紹介しますので、確実にプロミスのカードの発行を受けるようにしましょう。<事故情報が残されているとカード発行が難しい?>プロミス審査では、過去の事故情報(延滞や債務整理など)について、比較的厳しく評価がされます。そのため、携帯電話やクレジットカードの支払い、他社のローンの返済が遅れている場合、プロミスの審査を通過することができないこともあります。これらの事故情報は、現在に近ければ近いほど影響を与えますので、十分注意して申し込むようにしてください。<定期的な収入があるか?>プロミスの審査を受けることができるのは、「年齢20?69歳のご本人に安定した収入のある方」となっています。つまり、未成年者や70歳以上の年配の方、収入がまったくない方については、申込みができないことになります。もし、無職・専業主婦の方がプロミスに申し込もうとしているのであれば、プロミスではなくバンクイックなどの配偶者貸付けを認めてくれるサービスに申し込む方が良いでしょう。逆に、学生や主婦の方でも、アルバイト収入(パート収入)があれば、問題なく申込みができます。自信をもってプロミスの審査にチャレンジするようにしてください。<希望額は年収の3分の1まで>プロミスの審査に申し込む場合、借入希望額は、年収の3分の1までとします。これは、法律で「年収の3分の1を超える貸し付けをしてはいけない」というルールがあるためです。もし、どうしても多額の融資が必要になるのであれば、プロミスではなく三菱東京UFJ銀行・バンクイックやオリックス銀行カードローンの利用を検討しましょう。以上の3つのポイントについて注意すれば、申込み時に拒否されるようなことはありません。安心して申し込むようにしてください。